FC2ブログ
□  2018.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
今開催二歳戦レビュー080814
080720 新潟6R メイクデビュー

12.8 - 11.2 - 12.3 - 13.6 - 13.9 - 13.1 - 11.3 - 10.3 - 11.5

これでもかってくらいのスローから33秒台をつかう馬が続出。
前に行って連対した二頭はもちろんそれなりに強いだろうが、
やはり惹かれるのはジャッカネイプスの上がり32秒6。
ペースがどうあれ、32秒台は間違いなく才能が必要な領域。
タキオン×コジーンで振れ幅は大きいだろうが、ここ一番で強そう。


080726 新潟8R マリーゴールド賞

11.8 - 11.1 - 11.4 - 11.5 - 11.6 - 11.2 - 12.3

稍重でこの時計は立派の一言。
新馬での強さを鑑みればこのくらいは走って当然ではあるが。
ただ、今回もテンはのんびり。多頭数での走りに注目。


080803 小倉4R メイクデビュー

12.6 - 10.7 - 13.4 - 12.8 - 12.6 - 11.4 - 11.2 - 11.4 - 12.3

スローからの4ハロンロングスパート。
素早く前にとりつきそのまま押し切ったメイショウドンタクは素質十分。
血統的にも伸びしろありそうだし、秋に向けて注目したい馬。


080809 新潟1R 未勝利

12.6 - 10.9 - 11.9 - 12.5 - 12.3 - 11.7 - 10.4 - 11.9

前走ロジユニヴァースの二着だったプロスアンドコンズが順当勝ち。
この時期にしては比較的淀みが少なく、ここから33秒5は良い。
二着ミッキーペトラは前に行った方が良さそうな印象。
未勝利はどんなレースをしてもそのうち抜けるだろうが。


080810 函館9R 函館2歳ステークス

11.9 - 10.3 - 11.4 - 12.0 - 12.4 - 12.7

テン速く、差し馬天国に。
キャリア三戦で差しが板についてきたナムラミーティアで固いと思ったが、
新人三浦が駆るフィフスペトルがものすごい脚で差し切り勝ち。
1200の脚なんて簡単に信用できるものでもないが、それでも鮮烈は鮮烈。

しかしキンカメがこんなに早く重賞勝つとはなぁ・・。


スポンサーサイト
2008.08.14(Thu)  レースメモCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。